徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

素晴らしい物語。見ない手はないです。何を見ようか迷ったら、是非この映画に!(グリーン ブック)

https://gaga.ne.jp/greenbook/ いやー、良かった!!!! まぁ、順当なんだろうけど、オスカーも取れてよかった!と思う一方、未だにこういう作品がもてはやされるってことは、やっぱり世の中はまだまだだよなぁ、とちょっとうんざりする部分も・・・。 で…

これぞ、青春ど真ん中! 正真正銘の徹夜本です!(武士道シックスティーン・セブンティーン・エイティーン/誉田 哲也)

これぞまさに青春!という作品です。 読みだしたらまず止まりません。武士道シックスティーン→セブンティーン→エイティーンと一挙に読んでしまいましょう、というか読んでしまうと思います(笑) 著者の誉田哲也氏は結構、登場人物を長く書き続けるシリーズ…

見た~!!!良かった~!!!強い!!!サノス倒せるかも!!? (キャプテン・マーベル)

見た~!良かった~!キャプテン・マーベル! 見る前までは、なんとなくブリー・ラーソンがこの主人公を演じるのが疑問で、何故彼女?こんなんじゃ、DCのワンダー・ウーマンに勝てないぞ~、と密かに不満に思っていたのですが、実際に作品を見て、それは全く…

やっぱり、むこうの世界とこっちの世界は繋がっているし、紙一重だったんだ・・・・(コンセント/田口 ランディ)

コンセント (幻冬舎文庫) 田口ランディと言う名前は勿論知っていたのですが、読むのは初めて。 10ページ位で読んだところで、「ん?龍先生(村上龍氏のこと)と同じ様な題材扱ってるなぁ。ちょっと感じが似てる。面白いかも・・・。」 15ページ位読んだとこ…

精神的にまじで怖い作品ですが、最後は納得の1本!(笑)・・・(サイド・エフェクト)

サイド・エフェクト [DVD] この作品はまじ怖いです・・・。 (お化けとかじゃなく精神的にですのでご安心を・・・。) 最初は「ん?ノルウェィの森みたいな感じの映画??」なんて思って見ていましたが、途中で「えーーー!」と鳥肌が立つ衝撃。でも、最後は…

日本のエンタメを創った偉人達のおはなし・・・(「エンタメ」の夜明け/馬場 康夫 )

新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日 (講談社+α文庫) かのホイチョイ・プロダクションで有名な馬場康夫氏が著者となっています。絶版となっていて、(ちなみにアマゾンでは新古本で1万円近くの値がついていました・・・)今までは読…

ジェラルド・バトラー主演の超駄作と思いきや・・・笑 (ザ・アウトロー)

ザ・アウトロー(字幕版) 「これ、ジェラルド・バトラーが主演にも関わらず、あまり話題にならなかったから見てなかったな-。」ということで鑑賞。 バトラー氏は相変わらず、男臭さプンプンです。超マッチョ。今作はLos Angeles County Sheriff's Department…

いつも、映画と本ばかりではないのです・・・(笑)(京都/華厳寺)

友人に華厳寺に連れて行って貰いました。華厳寺と言うよりは鈴虫寺としての方が今は通りがいいそうです。文字通り1年中、鈴虫が美しく鳴いているお寺さんです。 階段に並ぶこと40分。最大2時間強待つこともあるそうなので、待つのが嫌いなおっさんも、まぁ我…

不真面目で真面目なハチャメチャ探検記・・・(幻獣ムベンベを追え/高野 秀行)

アフリカのコンゴ共和国のテレ湖で目撃されると言うモケーレ・ムベンベという謎の生物を真剣にノリで探しに行ってしまった早稲田大学探検部のお話。 結論から言うと、当然モケーレ・ムベンベを目撃することはできない訳ですが、(まぁ、そんな話聞いたことも…

うーん、おっさんはこういうのには正直弱いかも・・・(スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと)

スパングリッシュ (字幕版) 2004年とちょっと古い映画です。自分は少し前にこの映画を見ましたが、すぐに大好きな作品のリストに入れました。(笑) 今は大スターになってしまった、コメディアンのアダム・サンドラーと美人として誉れが高いパス・ベガ(ペネ…

さらりと読めるけど、考え出すと、どんどん深みにハマって行きます・・・(色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上 春樹)

春樹先生よりは龍先生で育った自分は、あまりこの人の作品は読み込んでいないのですが、それでも、設定は面白いし、どんどん引き込まれます。当然、文章も流れるようで相変わらず美しいです。 ただ、やっぱりハルキストじゃないからか、これは「ノルウェイの…

女性の自立と、その自立に促され、家族も変わるのです・・・。(マダム イン ニューヨーク)

マダム イン ニューヨーク(字幕版) 本作は勇気と元気が貰える、とても素敵な映画です。 主人公のシャシはお菓子作りが得意な平凡なインド人主婦。インドの公用語はヒンディ語と英語にも関わらず彼女は英語が大の苦手で、家族にはそれを理由にいつも馬鹿に…

覆面作家と云うから誰かと思えば、なんとあのお方でした!!!(百瀬、こっちを向いて。/中田 永一)

自分は、興味を持った本はアマゾンのwishlistにかたっぱしから放り込んでおいて、読む本が無くなったら、そこから購入という方式を取っているのですが、この本はどうして手元にあるのかが今一不明です。注文履歴を見ると確かに購入しているのですが、何故Wis…

音楽系の映画には外れがないかも(笑)・・・(オーケストラ!)

オーケストラ! (字幕版) 自分は結構音楽系の映画が好きだったりします。何故って、音楽系の映画には殆ど外れがないから・・・。 frikandel.hatenablog.com frikandel.hatenablog.com frikandel.hatenablog.com この「オーケストラ!」という作品も、最高で…

おもいっきり泣いてください・・・(とんび/重松 清)

うーん、これは死ぬ程泣けます・・・。 もう設定からして、涙うるうるです。自分はTVドラマ版は見ていませんでしたが、見た方は皆、毎回号泣した・・・と言っていたように記憶しています。 とんび Blu-ray BOX 出版社/メーカー: SDP 発売日: 2013/06/26 メデ…

世俗の垢にまみれてしまった方は、是非本作で洗心なさって下さい。笑・・・(西の魔女が死んだ/梨木 香歩)

「梨木香歩」と言う作家も初見で存じ上げませんでしたので、調べてみたところ、児童文学作家、絵本作家、小説家という肩書を持った方でした。ネットでの評判も良く、何故かやたらアマゾンが推薦して来るので、今回読んでみました。(笑) やはり存じ上げませ…

ゴジラより石原さとみの映画かもしれない・・・笑 (シン・ゴジラ)

当時、前評判の良い3作「君の名は」か「聲の形」か「シンゴジラ」で暫し逡巡。相当前2作に魅かれたが、「ゴジラは絶対大画面ですよ!」との同僚の言葉を思い出し「シンゴジラ」に。 というのは半分は嘘で、オッサン独りで映画館でアニメを見る勇気がまず無か…

読了後、なんで、こんな最高のエンタメ書く小説家を今まで全く知らなかったのかなぁ、他に作品も聞いたことないし・・・。なんて思っていたのですが・・・(虐殺器官/伊藤 計劃)

ネットで「これは紛れもない徹夜本!」という記述を見て、早速購入。 著者の名前は初見。そもそも、名前が読めない・・・。(笑)振り仮名も無いし、なんなんだ?と思いきや、下にPROJECT ITOHと小さく書いてある。PROJECT? え、これで計画って読むの?と思…

仕事でにっちもさっちも行かなくって落ち込んでいるのに、どうしてこんなに凄まじい作品を見てしまったのか・・・?(親切なクムジャさん)

親切なクムジャさん(字幕版) うーん、仕事でにっちもさっちも行かなくなり、なーんもやる気がなくなってしまいました。 で、ぼーっと昼も夜もネットサーフィンしていたら、アマゾンプライムの中に昔から気になっていた「親切なクムジャさん」を見つけました…

ほんわかしていますが、扱っていることは重い・・・(カラフル/森 絵都)

読了後、ちょっと元気が出るような、ほんわかした作品ですが、扱っている内容は相当奥深いものです。 人間は死んだ後は皆、輪廻して新たな生命として生まれ変われる筈なのですが、例外があり、生前大きな罪を犯した者は、そのパターンに入れず魂の状態で、死…

二人の美しいスパイの物語・・・(マリアンヌ)

本当に良くできた話で、綺麗にまとまっています。流石ゼメキス監督です。 ブラピ&マリオン・コティヤール主演です。(マリオンは「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」という映画で一世を風靡しましたが、自分は、リュック・ベンソンのTAXIでの主人公の恋人役…

現代の真の愛の形は、皆が考えている普通からはもう生まれないのかもしれない・・・(きらきらひかる/江國 香織)

江國香織氏は既に文壇の重鎮と言ってもよい方だと思いますが、辻仁成氏と男女対になって書いた『冷静と情熱のあいだ Rosso』位しか、自分は読んだことがありませんでした。 今回「きらきらひかる」という題名から何故か目が離せなくなり、読んでみることに・…

ご機嫌な音楽に乗ってぶっ飛ばします!(ベイビー・ドライバー)

ベイビー・ドライバー (字幕版) 説明に「スタイリッシュmovie!」なんて書いてあったのですが、「今時そんな言葉使わないよなぁ(笑)」なんて思いながら鑑賞しました。 アンセル・エルゴート&リリー・ジェームズの競演、その上に「ご機嫌な音楽」、「スピ…

心温まる素敵なお話です。人を信じて、どんな時も前向きに!(漁港の肉子ちゃん/西 加奈子)

西加奈子氏の小説は今回初めて読みました。本作はいろいろな方が、彼女の代表作として挙げていることもあり、かねてから読んでみたいなぁ、と思っていた1冊です。 「肉子ちゃん」 こんな風に人に呼ばれたら、普通は名誉棄損レベルで激怒ですよね・・・ 「肉…

どうやら、今更韓国映画にはまってしまったようです・・・(タクシー運転手~約束は海を越えて~)

うーん。また唸ってしまいました。 いやー、本当に参りました。鼻の奥がツーンとなること数回、この内容でどのように見る人の心を動かすのかなぁ?と考えていましたが、次々と来る見せ場に涙腺が緩みっぱなしでした・・・。 本作は1980年の韓国の光州民主化…

なんだかんだ言っても面白い、真理子先生・・・(”あの日のそのあと”風雲録 夜ふけの縄跳び/林 真理子)

この表紙はちょっとずるいですね・・・どう考えても著者に見えない(笑) こんなことをいうと怒られるかもしれませんが、この方は、ずっとおばさんの気がします。 僕が小さい頃から、おばさんだったし、今もおばさん。これからもおばさん。 真理子先生は自分…

この時代はもうそこまで来ているのではないでしょうか?・・・(ブレードランナー2049)

前作の公開が1982年ですので、実に36年ぶりの続編です・・・。前作の筋はおぼろげにしか覚えていませんでしたが、やはり物悲しいidentityものという部分は変わっていませんでした・・・。内容及び出来は全く悪くないですが、前作があって今作が初めて理解で…

日本は本当にいい国なのだろうか?・・・(日本を捨てた男たち/水谷 竹秀)

「困窮邦人」 自分の意志で海外に出かけ、そのまま文無しになり、帰国ができなくなっている日本人の事を指すそうです。 そんな言葉があることをこれまで知りませんでした。 この本を読むまで自分は、海外へ渡航し、帰国しない(できない)人は、日本国内で、…

音楽も街の風景もとっても素敵な一本。ニューヨークに行きたくなりますね・・・笑(はじまりの歌)

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版) 公開当時、全然期待しないで見たら、メチャメチャよかった1本です。 恋人同士でもある二人の才能あるミュージシャンが、紆余曲折を経ながら、様々な人に助けられ、最終的に自己を見出し、それぞれ全く異なる方向に進んで…

日本にもいろいろな時代があったのです・・・・(33年後のなんとなく、クリスタル/田中 康夫)

先日ブックオフでブラブラしていたら、ん?と目に留まり、一応このTrendを知る恐らく最後の最後の Generationなので興味がフツフツと湧き、思わず購入してしまいました・・・。それにしても、このTiffany&Co.カラー結構目立ちます。 康夫ちゃん絶対狙ったな…