徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

半沢直樹のパラレルワールドが???・・・・(七つの会議)

 七つの会議

 七つの会議

半沢直樹、相変わらず凄い視聴率ですね。自分も見ていますが、同じような事になっても半沢直樹みたいに「倍返しだ!」なんて普通の人はできませんよね。殆どの場合は泣き寝入りだと思います。よって、小サラリーマンの自分は「なんだかなぁ。」なんて溜息つきながら見ています。身につまされると言うか、サラリーマン経験者で「半沢直樹200%最高!」なんて思っている人は少ないのではないでしょうか?(でも、見ちゃうけど・・・哀)

所謂、嫌な奴で半沢直樹のような胆力がある人物は本当にそこかしこで見ますが、彼のような正義感の強い胆力がある人を自分は正直見たことがありません。(巡りあわせが悪いのでしょうか???笑) 

本作「7つの会議」は原作は勿論、池井戸潤氏ですが、半沢直樹を制作している名物ディレクターである福沢克雄氏ファミリーによる作品です。よって、TVと被っている俳優さん達がワンサカ出ていて、見ている人はかなり混乱すると思います。北大路欣也はやっぱり大社長で、及川光博香川照之片岡愛之助もしっかりメインキャラで出ています。端役も、土屋太鳳、役所広司世良公則赤井英和緋田康人須田邦裕と、福沢克雄氏のドラマのどこかで見た顔ばかりです。おそらく、初なのは野村萬斎氏のみ。ミッチーは結構同じようなキャラでしたが、(というか彼はああいうキャラしか演じられない?笑)かまきり先生は大和田常務とは違うどちらかと言うと弱者な人間的な役だし、ラブリンは最初ビシッとしながらも、上司に翻弄されるサラリーンマンで黒崎とは全く異なるキャラ。

なんだかパラレルワールドを見ているような感じになりました。(笑)

しかし萬斎氏は流石の狂言師だからか、故意なのか、抜けきれないのか、不明ですが、演技に、(歩き方さえも!)メチャメチャ狂言を引きずっていて、面妖さが兎に角凄かったです・・・。流石シンゴジラでさえも狂言歩きさせただけありますね・・・。(笑) 

frikandel.hatenablog.com

原島及川光博)は子会社の営業二課の係長。ノルマがいつも達成できず、針の筵の日々を送っている。対する営業一課は花の一課と呼ばれ、部長の子飼いのエリート課長(片岡愛之助)がノルマを必ず達成、幅を利かせている。

営業全体がピリピリする成績報告会議で、一課の係長(野村萬斎)が居眠りをしている事が発覚。部長(香川照之)の逆鱗に触れるかと思いきや、何故かお咎めなし。逆に辱めを受けたと考えた一課の課長は係長を罵倒、パワハラで訴えられる。その係長は有名な不良社員で、会社もエースである一課の課長を当然守ると思われていたものの、一課の課長は左遷され、何故か原島が昇進し、一課の課長となる。

原島が課長になったとたん、ノルマが達成できなくなる一課。そんな時に先の係長が勝手に、廉価な下請け先より、コストがよりかかる下請け会社に発注先を変更したことが、経理の指摘で発覚。原島は秘密裏に状況を調べ始める。

徐々に明らかになる、驚愕の事実・・・そして不良社員である係長の関りとは・・・。

 

そういえば、福沢克雄デレクターは福沢諭吉の玄孫(これで“やしゃご”と読むそうです。孫の孫ですね・・・)で、学生時代は大学ラグビーで社会人チームを下し日本一になった時の名ロックです。(大学が社会人チームを下すことは滅多になく、何度やっても大学チームは社会人チームに勝てないので、今では日本選手権に大学チームの枠はなくなってしまいました。その位の偉業です。)身長も190cm近くあり、そんな怖いものなしの氏の人物背景もあって、格上の人だろうが、上司だろうがなんでも物申せる、半沢直樹というキャラを作り上げられたのでは?とひそかに自分は思っています。

ちなみに、なんで七つの会議という題名が付いているかは、「最後の会議まで7回会議があるから」、とか「メインキャラが7人いるから」とか、諸説あるようですが、どうも原作でも明らかにされていないようです。自分は清州会議と何か関係が・・・と思いましたが全くありませんでした。(泣) 

是非、半沢直樹がやっているうちに、パラレルワールドをお楽しみください!(笑)

東京中央銀行の本店営業第一部の次長さんも出てきます。(半沢直樹は第二部ですね…。)

f:id:Frikandel:20200824023918j:plain

 

果たして、ワイスピ以外のヴィン・ディーゼル様は・・・・笑?(ブラッドショット)

ブラッドショット (字幕版)

ブラッドショット (字幕版)

うーん、こんな映画あったのですね・・・大抵ヴィン・ディーゼル氏の作品は見ていますが、全く知らないうちに公開されていたようです。まぁ、コロナのせいもあって、鳴かず飛ばずで、当然知らないうちに興行終了。既にAMAZONプライム等のレンタルで見ることができますが、海外のネットフリックスにはもうメニューに入っているので、もう少し待てば日本の方にも入るかもしれません。 

しかし、ヴィン・ディーゼル氏はワイルド・スピード以外はどうも大きなヒットに恵まれませんね。ワイルド・スピードで十分にブレイクはしていますが、それ以外は、今ひとつな作品ばかり。(キャプテン・ウルフは結構面白かったですが・・・。) 

キャプテン・ウルフ [DVD]

キャプテン・ウルフ [DVD]

  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: DVD
 

同じ肉体派男優の古くはスタローン様、シュワルツネガー様、至近では、ジェイソン・ステイサム様やドウェィン・ジョンソン様と比べると相当落ちちゃいます。突き抜けていない。

感情派も肉体派も演じることができる、キアヌ様やマット・デイモン様と比べても、しかりですね。範疇でいうと、スティーブン・セガール様?やジャンクロード・ヴァンダム様?でしょうか(笑) 

で、本作は?というと、ヴィン・デーゼル氏のアクション全開なので決して悪くはないですが、リディックトリプルXのレベル止まりで、それ以上でもそれ以下でもない感じでしょうか・・・。ワイルド・スピードのハードルが高すぎるというのもありますが・・・。

ただし、見ていて退屈はしないし、息詰まる展開なので、399円でamazonプライムで見たり、将来ネットフリックスで見るのであれば、相当お得な1作で、お勧めだと思います。 

原作は、マーベルやDCの2大巨頭の狭間に台頭した、ヴァリアント・コミックというマーベルの編集者が独立して設立した会社から出版された漫画です。ヴァリアント・コミックは残念ながら、その後、業績不振で売却、今はアイアンマン3を作成して有名になった、DMG Entertainmentという中堅の会社の経営となっているようです。 

主人公のレイ(ヴィン・デーゼル)はアメリカの海兵隊員。命がけの任務を終え、妻とアマルフィで休暇中。そんな時に、突然謎の集団に襲われます。難なく敵を倒すも、心配して妻の元に向かおうとするレイに油断が生まれ、背後から薬を打たれ昏倒します。

目覚めると、倉庫で監禁されており、過去の作戦に関して内通するように脅迫されます。当然の如く、口を割らないレイ。すると目の前に妻が連れ出され、レイの前で惨殺。「どこにいても必ず探し出して、殺してやる。今俺を殺さないと、後悔するぞ、2回目はないからな・・・!!」と叫ぶレイ。「アドバイスありがとう。」と敵はそのままレイも射殺します。

が、レイは目覚めます。巨大なパワーと、傷つけられても再生する完璧な肉体に改造されて。失ったのは記憶だけ・・・。そんな彼に、改造を施した医者は言います。「君は海兵隊員だったが、任務で亡くなった。誰からも引き取り手がなかった為、軍から献体された。記憶は過去の任務の重要性から、消してある・・・。」と。

判らないなりに納得するレイ。

ところが、同僚と酒を飲んでいる時に、たまたまかかった音楽で記憶が覚醒。妻の仇を取るために暴走。相手を探し出し殺害します。

が、暫くすると、全く同じことが起き、妻を殺した筈の男の顔が変わります。再び仇を打つ為に暴走するレイ。が、相手を殺害したところで、本部とレイの接続が何者かによって切られ、レイは気を失います。切ったのはウィギンズという敵側の科学者で、彼によってレイは蘇生、何かがおかしいと思い始めます。

さぁ、レイは一体何の為に再生されたのか?そして、どのようにして、自身を取り戻して行くのか!?

 

ベイビー・ドライバーワイルド・スピード/スーパーコンボでお色気を振りまいていた、エイザ・ゴンザレスが結構いい感じで、共演しています。アリータ・バトルエンジェルの彼女は妖艶を通り越して、クリーピーでしたが・・・笑。 

彼女も近々大ブレイクするかもしれませんね。

f:id:Frikandel:20200822191926j:plain

本当はこんな凄い美形です・・・。

f:id:Frikandel:20200822192359j:plain

frikandel.hatenablog.com

frikandel.hatenablog.com

frikandel.hatenablog.com

 

 

「孤狼の血」の続編来た~!!!!さぁ、日岡秀一がどんな悪徳刑事に成長しているか楽しみ!!(「凶犬の眼/柚月裕子」)

凶犬の眼 「孤狼の血」シリーズ (角川文庫)

凶犬の眼 「孤狼の血」シリーズ (角川文庫)

所謂一身上の都合により、というか、勤務先の異動バタバタで暫く更新が途絶えてしまいました・・・。まだ、決して落ち着いた訳ではないのですが、ボチボチ復活させないと、読んだ本も、見た映画も記憶のかたなに行くだけなので・・・。(笑) 

本書は、柚月裕子氏の「孤狼の血」の続編です。3部作で既に「暴虎の牙」というシリーズ完結作も既に発刊されているので、中間本になります。 

暴虎の牙

暴虎の牙

  • 作者:柚月裕子
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: 単行本
 

月氏は、かなり遅咲きの作家で、結婚後、子育てを終えた39歳に地元山形で文壇デビュー。小説家になった、きっかけが、「小説家になろう講座」ということで、相当異色な経歴お持ちですが、やはりと言うか当然と言うか小さい時から相当な読書家だったようなので、満を持して世に出てきた方のような気がします。

結構、文学賞にも縁がある方で、「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞していますし、前作「孤狼の血」でも直木賞候補になっています。 

大上の薫陶を受けた、日岡秀一は、大上殉職後、当然県警の上層部から煙たがられ、県北の田舎駐在所に飛ばされる。事件など何もない一人駐在所で、地元に溶け込みながらも、退屈な日々を過ごしている。

そんな時に、最大の暴力団である明石組のトップが殺され、敵対組織である心和会の組長、国光寛郎が事件に関与したとして全国指名手配される。警察の必死の捜査にも関わらず、全く網にかからない国光。

親類の不幸で一時帰郷し、晶子の店で偶然、国光と鉢合わせする日岡。正体不明の人物を国光と見抜いた日岡に、「あんたが思っとるとおり、わしは国光です。指名手配くろうとる、国光寛郎です。」「わしゃァ、まだやることが残っとる身じゃ。じゃが、目処がついたら、必ずあんたに手錠を嵌めてもらう。約束するわい」とうそぶく国光。逡巡する日岡だが、なんとなく国光に魅せられ、その場にいたかつての知己である親分衆の手前ということもあり、自身の将来の切り札にする位の気持ちで、何もせずに、そのまま駐在所に帰ることに。

暫くして、日岡の管轄の駐在所付近のゴルフ場開発の責任者として現れる国光。

国光の狙いは?果たしてその時、日岡はどう立ち回るのか?

前作は、暴力満載で非常に動きのある内容だったのですが、今作は非常に静かな感じで、どちらかというと頭脳戦が繰り広げられます。一応、日岡が主人公には違いないのですが、国光の方がキャラが立っていて、日岡の目を通して描かれる国光が事実上の主人公と言ってもよい作品だと思います。

前述の通り、『孤狼の血』は直木三十五賞候補、吉川英治文学新人賞候補、日本推理作家協会賞受賞。次作の『暴虎の牙』はまたまた山本周五郎賞候補になっているにも関わらず、本作は何の候補にもならなかったようなので、そこらへんが評価されなかったのかもしれませんね。しかしながら、間違いなく本作も徹夜本ですので、是非次作の「暴虎の牙」に行くためにも、目を通してください!

さぁ、自分はいつ次作読もうかなぁ。(笑) 

frikandel.hatenablog.com