徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

とってーも、意外な1冊 ・・・・(命売ります/三島 由紀夫)

f:id:Frikandel:20190423012206j:plain

三島由紀夫氏の作品は過去、随分読んだつもりでしたが、この作品の存在は知りませんでした。本作は、氏の生誕90年である2015年に、何故か突然売れ始め重版。なんと丸善紀伊国屋で文庫週間ランキング1位になってしまったそうです。所謂「文豪の自分だけの“隠れた名作”を再発見したい。」という読者熱?ブーム?のようなものが起きつつあるのでは?と解説している方もいるようですが、本当の理由は判りません。三島由紀夫氏自身も草葉の陰で流石に、この現象にはびっくりしているのではないでしょうか? 

 

主人公は、売れっ子のコピイ・ライター。(表記そのまま)

読んでいた新聞の内側のページが、蛇が脱皮するように、ズズっと下に落ちたことをきっかけに、今の自分の気持ちには自殺が似合っている!と倏忽と自殺を決心します。睡眠薬を飲んで、終電に乗り込むも、助けられ自殺に失敗。ただし、彼の気持ちは、今風に言うとリセットされ、解放・・・。

生きるという事に執着しなくなった主人公は、自身の命を売ることを思いつきます。実に様々な依頼者が訪れ、主人公は彼らに命を売りますが、覚悟があり過ぎるゆえか、(肝が据わり過ぎている?)何故か死ねずに、都度生き残ってしまいます。

しかしながら、その後、妙な事件に巻き込まれ、命を狙われることに・・・。自分の意志で死ねなくなった途端、主人公の気持ちは変わって行き・・・。

 

本著は1968年から「週刊プレイボーイ」に連載されたものだそうです。1968年と言えば、三島氏が“盾の会”を結成した年(割腹自殺する2年前)ですが、その精神状態の中でこのようなエンタメ性の強い作品を執筆したということが、自分の中ではどうしても繋がって来ません・・・。

三島作品というと、自分にとっては文章も描写も流れるように美しいイメージがあるのですが、本作は少々毛色の異なる作品かと・・・。まさに、天才、三島由紀夫氏の意外な一面を知る事のできる1冊だと思います。

もう直ぐ「令和」を迎えます。そんな時に、ふたつも前の元号となる、昭和時代の文豪の作品を読むのは、逆に新鮮な気持ちがします。そんなところに、この読者熱?ブーム?の背景があるのかもしれませんね・・・。 

いつも映画と本ばかりではないのです。② (ロンハーマンカフェ/豊洲)

f:id:Frikandel:20190421003255j:plain

 

お腹が空いて、フラリと入ったら、RHCでした。ありゃ。(笑) 
いろんなお店で食べたいんだけど、どうも偏る。
ここはポテトが秀逸です!
バンズはカリッと焼いてあり、パテは歯応えのある粗挽きです。
ゆっくり本なんかを読みながら過ごすのには、最高の雰囲気です。
http://rhc.ronherman.jp/store.php

度々「うるうる」できる、とっても元気になる1冊!(本日は、お日柄もよく/原田 マハ)

f:id:Frikandel:20190419235222j:plain

最近、ドキュメンタリーのような本ばかり読んでいたので、体が小説を(脳かな?笑)求めて、「本日は、お日柄もよく」を拝誦。

既に何人かの友人から良かったよ~。と勧められており、自身の読書リストに入れてあった本です。 

いやー、泣いた、泣いた。電車の中で何度も目が潤んでしまいました。少々駆け足感(端折り感?)はあるものの、とっても素敵な作品でした。 

と、あるきっかけからスピーチライターになることになった、普通のOLの物語です。恋、仕事、友情、ライバル、家族、師、出会いと別れ、と全てがてんこもりで、「あっ!」という間に読み終えてしまう作品ですが、(楽しい時間は直ぐに終わってしまうのです・・・悲)その分濃い至福の時が過ごせると思います。

主人公の「こと葉」は老舗お菓子会社の総務に努める普通のOL。好きだった幼馴染の結婚式で、ただでさえ落ち込んでいるところに更に落ち込む大失態をやらかします。そんな時に、出会った一人の女性。その女性が、来賓としてしたスピーチに涙を流す程感動し、自身がすることになっている親友の結婚式でのスピーチ指導を受けるべく、生徒として彼女のところに通い始めます。それだけの筈だったのですが、いつの間にか、彼女の弟子に・・・。そして、ひょんなことから、野党の選挙のスピーチライターの一員として働くことになります。選挙の行方は?政権交代はなるのか?

兎に角、出てくる人達が、親友、祖母、師、幼馴染、ライバルと、皆、まっすぐな、良い人ばかりで、スピーチの内容は勿論のこと、作中の些細な出来事だけで、都度、落涙しそうになりました。 

これからは、著名な政治家の選挙演説はちょっと立ち止まって聞いてみようかな?と思わずにはいられなくなるお勧めの一冊です。

今回、著者の原田マハさんは、なんと原田宗典氏の妹という事を初めて知り、驚愕しました! 

frikandel.hatenablog.com