徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

さー、憧れの人生を手に入れたぞ!やりまくってやる~!(チェンジアップ・オレはどっちで、アイツもどっち!?)

ザ・チェンジアップ (字幕版)

ザ・チェンジアップ (字幕版)

年明けてから、未だになんだか本調子ではなく、どちらかと言えば気分も塞ぎ気味。見る映画も読む本も、当たりが少なく、スカッとしません。

そんな時に、以下knoriさんのブログで本作を知り、お?と思い早速鑑賞!

knori.hatenadiary.jp

面白------い!

あの、お下劣でクソミソに笑えるハングオーバーのスコット・ムーアとジョン・ルーカスが脚本を書いています。

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い (字幕版)ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える (字幕版)ハングオーバー!!! 最後の反省会(字幕版)

 本作は2011年公開なので、2009年から13年に公開されたハングオーバーと時期がかぶっていることもあり、ハングオーバーで悪の限りを尽くした二人の罪滅ぼしの一作と信じたい!(笑)んですが~。やっぱり4レターワード、スラング、下ネタはバリバリ健在で、思わず声を出して笑っちゃう作品でしたー。 

でも、こういうのって、物凄く男性目線で書かれていて、ちょっと心配になります。まぁ、「本当に男っていうのは何歳になってもアホ」って思って貰えればいいんですけど、世の中そうは問屋は卸しません。(笑)

主人公の一人である、レスリー・マン演じる弁護士のデイブの奥さん。あんな女性、世の中にいますか?あんなことになったら、殴られまくって、あっという間に三行半で、慰謝料ふんだくられて終わりだろうし、オリビア・ワイルド演じる、デイブの同僚のサブリナも、こんな女性いたら最高だなぁという男性の勝手な偏見像?理想像?に過ぎず、あまりに女性を馬鹿にしているというか、女性を男性目線で勝手に描いていて、女性は不愉快にならないのかなぁ、大丈夫なのかなぁ?と思ったのも事実。そんなことも理由になったのか、どうかはわかりませんが、内容的にも突き抜けて(逝っちゃった?)大ヒット作ハングオーバーと異なり、結果的にはなんとか赤字にならずに済んだ程度の興行成績だったようです。(ちなみに日本でも未公開。どおりで自分も知らなかった訳です・・・。) 

ミッチとデイブは幼馴染。ミッチはほぼ無職で勝手気ままに好き放題の独身生活を謳歌。デイブは、大型ローファームの弁護士。パート-ナーへの昇進ももう一息だが、奥さん、長女のお相手、最近生まれたばかりの双子の世話もあり、常に睡眠不足でヘトヘト。ある日ミッチにスポーツバーに誘われたデイブは、独身を謳歌しているミッチの生活を見て、自分は、とにかくいい暮らしがしたくて、勉強ばかりして、全く遊んでこなかった、俺もミッチのように、気ままな生活がしたいと愚痴る。ミッチはミッチで、大きな家に住み、金の苦労など知らず、美しい奥さんと子供がいるデイブの生活が羨ましいと反論する。(蛇足ですが、スポーツバーのカウンターでの、この部分の会話は自分的には最高で、友人とよく酔っぱらって「俺たち馬鹿なのかな?10代後半の頃と全然会話の内容が変わってねーじゃん。」と云うシチュエーションにあまりにも似ていて、大笑いしてしまいました。)飲み過ぎてトイレが近くなり、公園の女性像の前の噴水で連れションをする二人。酔った二人は、同時に “I wish I had your life!”(お前のような生活が送れたらなぁ!) と叫びます。と、途端に周りの電気が一斉に消え・・・。

なんと二人は希望通り入れ替わってしまいます。さぁ、二人はお互いに憧れた人生を上手く過ごせるのか?二人のハチャメチャな奮闘が始まります! 

尚、最後はハッピーエンドですので、安心してご覧ください!

強烈な暴力により、潰れる頭蓋骨や剥がされる爪。そんな身の毛もよだつ状況の間にふと訪れる、つかの間の平和。そんな時だからなのか、そこに供される、極上の料理の数々が鮮明なイメージとなって浮かび上がってくる。(ダイナー/平山夢明)

ダイナー (ポプラ文庫)

ダイナー (ポプラ文庫)

グロいから要注意と言われながらも、かなり前から、目をつけていた本。 

「俺はここの王だ。ここは俺の宇宙であり、砂糖の一粒までが俺の命令に従う。」

 読み始めて暫くしてこのフレーズで、あれ?この本って、この前やってた藤原竜也主演の映画の原作だったの?ということに気が付いた・・・。 

しかし、読み進むほどに、こんなの映像にできるの?という疑問ばかりが浮かんだ。とにかく描写がグロい。暴力、暴力、暴力。「脳漿をぶちまける」みたいな表現が日常茶飯事に出てくる。いくら蜷川実花氏が監督でも、この世界観は無理だろ・・・。でも、ひょっとして???と、思って調べたけど、「残念」と言うか「やっぱり」と言うか酷評しかされていなかった。そりゃそうだよね、映倫通らないよね・・・。(漫画もチラ見しましたが、原作ほどのインパクトはやはりないですね・・・。)

主人公の一人はボンベロという、殺し屋だけを相手にした会員制ダイナーのシェフ。とにかく料理が芸術的。口調や雰囲気から、自分は、ワンピースのサンジを思い浮かべてしまった。もう、そのもの。(笑)

f:id:Frikandel:20200211175535p:plain

前述の通り、とにかく暴力の表現がグロい。特に読み始めは慣れないこともあり、閉口するけど、(映像じゃないけど、「顔を背けたくなる」っていう表現がピッタリ来る。)対比的に出てくる、ボンベロの調理する料理が、本当に旨そうで、前半過ぎるとグロさには慣れるのが不思議。よくそんな中で、料理が旨そうなんて思えるね?っていう疑問はあるかもしれないけど、背景がグロ過ぎるゆえに、ボンベロの芸術的な料理がとにかく引き立つ。血なまぐさいけど清潔な手術室のようなダイナーで味わう、肉汁滴るハンバーガー。こうやって文字にしてしまうと、なんだかおどろおどろしい感じもするけど、読んでいると、口の中に唾液があふれてくるだけでなく、匂いまでしてくるような気になるから不思議だ。野菜のシャキシャキ感、肉の歯ごたえ、鼻に抜ける香り、ほとばしる肉汁。そんな感覚が色や湿気を持って、自分の五感に訴えてくる。作者である平山氏がそれを狙ったのかどうかは、判らないけど、強烈な暴力により、潰れる頭蓋骨や折れる上腕骨、剥がされる爪、引き抜かれる髪の毛、削げる皮膚、えぐり取られる筋肉。そんな身の毛もよだつ状況の間にふと訪れる、微妙な緊張感を残した、つかの間の平和。そんなタイミングだからなのか、そこに供される、極上の料理の数々が鮮明なイメージとなって浮かび上がってくる。

出てくる人物は(犬まで!)、皆超キャラが立っており、読者は、あっ!という間に奇想天外な平山ワールドに引き込まれること間違いなし。監禁されている、もう一人の主人公であるオオバカナコと共に、読み終わるまで、あなたはこのダイナーから抜け出ることはできない! 

人を食った名前のオオバカナコは事務用品問屋に勤めるOLで手取り12万、そのうち家に4万入れて生活している。何の希望も夢もなく、海外の美しいリゾートで死ねたらいいなぁ、と漠然と思い、単発30万円の運転手バイトに応募。あれよあれよという間に採用され、仕事の最中に、意味も分からず、敵対者として捕らわれ、一味と共に凄まじいまでの拷問を受ける。頭をシャベルで砕かれる寸前に、謎の男に買われ、ボンベロという雇われシェフがやっている会員制ダイナーのほぼ奴隷同様のウェイトレスとなる。

オオバカナコの前に、同様のウェイトレスが8人いたが、全員、客もしくはポンペロに殺されており、彼女もすぐに9人目となるだろうと言われる・・・。オオバカナコの監禁され時間の観念のない中での延命生活が始まる・・・。果たして彼女は生き抜くことができるのか・・・?

ダイナー (ポプラ文庫)

ダイナー (ポプラ文庫)

 

 

これって、日本で言ったらなんだろ・・・紅白みたいなもん???

f:id:Frikandel:20200204230717p:plain

相変わらず凄い!!


Shakira & J. Lo's FULL Pepsi Super Bowl LIV Halftime Show

スーパーボールのハーフタイムショウ。今年ははシャキーラJLO

もう二人ともダンスがキレキレ。これでもか、これでもかと、踊りまくり。

シャキーラ43歳、JLOは50歳。とても、信じられない動きです・・・。

しかも、JLOは元旦那、マーク・アンソニーとの間にもうけた、娘までソロで歌わせる大サービスぶり。シャキーラも自身が歌を担当した「ズートピア」のガゼルの衣装で盛り上げます。

f:id:Frikandel:20200204232141p:plainf:id:Frikandel:20200204232233p:plain

ちなみにJLOの衣装は全てヴェルサーチの特注品とのこと。

なんと、驚いたことに、このスーパーボールのハーフタイムショウはギャラはないそうです・・・それだけ名誉と言うか、自身の宣伝効果があるのでしょうね・・・。

後、スーパーボールで忘れてはいけないのが、試合の途中のCM。各社がこの時だけの為に作るCMがなかなか面白くて、毎年話題になります。

沢山あった中で、自分が面白かったのは以下の3点。笑いました・・・。


Cheetos Super Bowl Commercial 2020 MC Hammer Can't Touch This


MTN DEW Zero Sugar. As Good As The Original | Extended Cut


Jason Momoa Super Bowl Commercial 2020 | Rocket Mortgage

あ、スーパーボールの結果ですが、カンザスシティが31対20でフォーティナイナーズを下して半世紀年ぶりの優勝を果たしたようです!

こういうのを見ると、まさにアメリカを感じますね・・・。