徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

心と心の触れ合いを描く透明な作品・・・・(リップヴァンウィンクルの花嫁/岩井 俊二)

 

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]

「魔が差す」っていうのはこういうことなのかなぁ。ネタバレになるから、詳細は言いませんが、自分もこういう状態になったら抗いきれないかも・・・。だってとっても自然だし・・・。 

著者の岩井俊二氏は小説家と云うよりは映画監督、映像作家としての方が有名かもしれませんね。まぁ、文章も書いちゃうし、映画も撮っちゃうし、音楽も作っちゃうというスーパーマルチな才能をお持ちな方です。所謂天才ですね・・・。 

本作も小説を書いて、映画を撮って、サントラの監修までなさっています。

小説が原作の映画と云うのは、大抵映像ではカバーしきれない部分が多いので、自分はがっかりすることが多いのですが、自身が文章で創った世界を映像で完結するっていうのは、どんな気持ちなのかなぁ?と、ふと興味を覚えて、今回同時に映画も見てみました。まあ、もしかすると、岩井氏は映像が先にあるタイプかもしれませんので、逆なのかもしれませんが・・・。 

主人公は何をやっても人生しっくり来ず、もやもやとした生活を送っている非常勤の教員。授業で声が小さく講義が聴こえないということで生徒から馬鹿にされたあげく、その学校をクビになります。そこでお見合いサイトで知り合ったやはり教師と結婚することにするも、両親は離婚している上、結婚式に呼ぶ親族も友人も殆どおらず、結婚相手から非難され、何でも屋に極秘で出席代行を頼む羽目に。結婚しても特に気分は晴れることなく、常に付きまとう違和感。そんな時に持ち上がった夫の浮気疑惑。それが何故か自分が浮気したことになり、三行半を突き付けられ、全てを失います。踏んだり蹴ったりで落ちるだけ落ちて行く人生。

生活の為に自身が頼んだ結婚式の出席代行のアルバイトをすることに。そこで知り合った人達との妙な関係。その関係でオーナーが謎の大きなお屋敷の住み込みメイドの仕事に就くことになります。そして遂にオーナーと出会います。それによって、徐々に人と人の付き合い、心と心の触れ合いが始まります。

主人公は無事立ち直れるのか?皆との関係はどうなって行くのか? 

 

で、どうだったかというと、やっぱり、映画は時間的な制約からくる端折り感や、出演の綾野剛の身元が早く割れてしまうこと、オーナーと主人公の関係を事前に若干匂わせてしまうことが、少し面白さを減じてしまっている気がしました。ただし、主演の黒木華はいい意味で常に素人感を醸し出せる良い女優さんですね。無理している感じがなく、とっても自然体な演技でした。ちょっと自分の主人公とのイメージとは違いましたが・・・。 

とっても地味な作品ですが、ホンワカとした元気を貰える温かい、一作、一本です。

 

憧れの生活!・・・・(広く弱くつながって生きる/佐々木俊尚)

f:id:Frikandel:20190902235231j:plain

うーん、こんな風に生きられたらいいなぁ、と思うものの、それにはやっぱり、それなりに努力がいる訳で・・・なかなかどうして作者のようになるのは難しい気がします。著者はフリージャーナリストの世界ではそれなりに有名な方らしいのですが、やはり若い時に仕事をし過ぎて、(新聞記者)体を壊し、復帰するも元の気持ちには戻れず、結局仕事を辞め、現在の広く弱くつながって生きる生活を最終的に手にした方です。 

筆者は問います。「これだけ便利な世の中になっているのに、なにか息苦しいのは何故なのか?それは人間関係のせいではないのか?」と。

現在の氏の生活は、付き合いたい人とだけ付き合い、ヒエラルキーに虐げられることも、組織特有のマウンティングに付き合わされることもないそうです。本書はそういった生活、つまりストレスと極力無縁の生活を送る為にはどうしたらいいのか?ということを、非常に優しく、且つ易しく書いた本です。

1章はがんじがらめの人間関係が如何に人生に弊害をもたらしているか?

2章では弱いつながりをどうのように作って行くか?

3章はそれをどのように換金して行くか?

4章は多拠点生活のすすめ。

最終章はお金が沢山ある=幸せではないこと、充実感と安心感はお金では得られないことを述べられています。いい人間関係があれば、仕事は入ってくるので、「お金がなくなったら、稼げばいいか?」程度に考えられるようになれば、〆たもの!と云う訳です。

前述の通り、実際に筆者のようになるのは難しいとは思いますが、読んでいて、目から鱗の発見が多数あったのは事実です。マ-ク・グラノヴェッターの「弱い紐帯の強み」という理論(家族や親友と云った強いつながりから得る情報よりも、弱いつながりを沢山持つ方が、より多くの情報を得られる)やイギリスの「アス・アンド・ゼム」といった考え方、「正義と悪は容易に入れ替わる」とか「プライバシーを敢えて公開する」と云ったことが記載してある箇所は実に興味深く読ませて頂きました。 

全部直ぐには無理ですが、少しずつ自分も挑戦して、筆者のような生活と現在の生活のいいとこ取りを是非したいと思える一冊です。(笑)

 

ザッカリー氏のおっさん度が凄い(笑)・・・「シャザム!」

シャザム!(字幕版)

シャザム!(字幕版)

正直「シャザム!」なんてヒーローは今まで聞いたことがなかったし、主演がザッカリー・リーヴァイ? 歌でも歌っちゃうのかなぁ? と思ってそこまでの期待は無し。(すみません 笑)ちなみにザッカリー氏はディズニー作品の「塔の上のラプンツェル」の相手役のフリンライダーの声優で、“I see the light”という歌で結構有名です・・・↓2分ごろから出て来ます!


Mandy Moore & Zachary Levi (Ost.Tangled/Rapunzel) - I See The Light

ザッカリー氏はあまり強い印象はないですが、マイティ・ソーにも過去出演していて、マーベル→DCと、ウイリアム・デフォー(スパイダーマン→アクアマン)と同パターンの移動歴ですねー。 

frikandel.hatenablog.com

 

調べてみたところ「シャザム!」の誕生はなんと1940年。しかも最初の名前はキャプテン・マーベルで(あのキャプテン・マーベルと一緒??)他コミックから出版されていたようです。子供が変身するということで結構な人気があったものの、逆にそれが仇になって、スーパーマンとコンセプトが似ているとDCに訴えられて一旦表舞台から消滅。その後DC自身が「シャザム!」の版権を買い上げて、紆余曲折の上、現在の形になったとのこと。したがって、今はスーパーマンとシャザムは盟友です。(ヒーローの世界もやっぱり、金次第!笑) 

frikandel.hatenablog.com

本作は「見た目はオトナ、中身はコドモ」という宣伝文句なのですが、ザッカリー氏、本当に相当オッサン臭いです。 笑(現在39歳) 

で、どんな話かと云うと・・・。 

魔術師シャザムは長年、魔物を封印していたが、徐々に年を取り力が衰え、後継者を探す必要が・・・。しかしながら候補者は、皆、魔物からの誘惑に負け、中々適切な人材を見つけられない。

魔物からの誘惑に負けた1人である、サデウス少年は既に博士となり、再度後継者に選ばれるべく、シャザムを長年探していた。遂に発見するも、魔物の封印を解いてしまい、逆に魔物の力を得る事に・・・。そして悪行三昧。

一方孤児のビリーは、今日もはぐれた母親を探して、孤児院を脱走。匙を投げた担当者は孤児が既に5名もいる大家族の里親を世話する。にも拘わらず、全く馴染めないビリー。が、ある時見かねて、孤児の一人であるフレディをいじめっ子から救うことに。その途中に、突然シャザムに召集され、意に反して後継者となる。

いきなり、スーパーパワーを持ったおっさんとなったビリー。ただし、中身は子供のまま。それゆえ、力の使い方が判らず、その力を無駄に使い始める・・・。

シャザムの後継者が誕生したことを知ったサデウス博士は、その力を得るべく、ビリーを攻撃、他の孤児を誘拐して脅迫する。

ビリーは一体どうなるのか?他の孤児を救う事はできるのか?

冒頭で期待はしていない、と申しましたが、テンポよく、「素直に楽しい映画だなぁ。」と思いました。主人公は多少ウザったい感じですが、(笑)最後はとっても、温かい気持ちになる作品です。次作はできるのでしょうかねぇ???

これから映画を見る方は、どうぞ、最後の最後までご覧ください!