徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

まだ始まったばかりですが、既に今年一番の作品かも!(笑)(女神の見えざる手)

女神の見えざる手(字幕版)

女神の見えざる手(字幕版)

年末、年始は本も読まず、ひたすら、Nettflix、Amazon Prime三昧してしまいました・・・。(受動的快楽の日々?あ、でもwindows10へのアップグレードは駆け込みでやったか?笑)

多々見るも、まぁ、鑑賞して良かった!と思えるのは、本当に2~3本止まりで、「あ~、またこんな下らんの見てしまった、時間損した・・・。」と後悔ばかりだったのですが、1本、とんでもない作品と出会いました・・・。自分は全くこの作品を知らなかったし、公開当時もあまり話題にもならなかったようなので、ダウンロードをしたものの、どうにも気が進まず、そのままにしていたのですが、「まもなく制限時間?になるよー!」という警告が出たので?(Primeのリストから無くなるってことでしょうか?)「ありゃ、じゃ見なきゃ・・・。」と新幹線の中で急ぎ鑑賞した次第。(Netflixでも勿論見れます!)

 

正直、あっという間に引き込まれました。主演はジェシカ・チャステイン。非常に聡明な女性を演じることが多い女優さんで、ゼロ・ダーク・サーティでビンラーディンを追い込むマヤという女性が自分の中では非常に印象に残っていますし、至近ではX‐MENのダーク・フェニックスで地球を乗っ取ろうとした宇宙人のリーダーが記憶に新しいです。

 

frikandel.hatenablog.com

frikandel.hatenablog.com

この方は容姿も、演技も本当に存在感がある女優さんで、一度見たら忘れない感じの人なので、まさに女優になるべくして生まれて来た方なのだと思います。アダム・ドライバーの女性版みたいな感じ?もっとも、アダム氏の方が相当年下なので、ジェシカ・チャステイン氏の男性版が彼、という方が適切な表現かもしれませんが・・・。 

主人公は、アメリカのロビイストで、数々の政治キャンペーンを成功させて来た現役のレジェンド。自身が勤めている事務所に銃の規制を食い止め、銃の所持を更に拡大したいという政治家からの案件が持ち込まれます。裏には豊富な資金を持つ、銃製造会社やライフル協会などがおり、政治家の票集めには不可欠という事情が。よって、事務所も当然その仕事を請け負います。しかしながら、自身の信条と異なったのか?絶対勝てない敵を打ち負かすことにやりがいを感じたのか?主人公は公然と反旗を翻し、銃規制派の弱小事務所に移籍してしまいます。チームはそのままという条件を勝ち取っていた彼女は全員での移籍をチームに打診しますが、残ったのはわずか5名。あまりの人使いの荒さからか、最も信頼していたアシスタントにも裏切られます・・・。ここから、彼女の勝つ為には、なんでも犠牲にするという、人道的な一線さえやすやすと越えてしまう、なりふり構わない行動が輪をかけて酷くなって行きます。

まさに鬼、本当に鬼。

事務所の社長でさえ、やり過ぎだ、と彼女とぶつかり、彼女を守るはずの弁護士も、匙を投げる始末。彼女のキャリアをすべて葬り去ろうと、プライべートの暴露を含めた、あらゆる攻撃を仕掛けて来る元の事務所。そんな中、彼女は時に半狂乱になりながらも突き進みます。しかしながら、彼女の頑張りにも関わらず、遂に元の事務所、正確には彼女の元のアシスタントが、過去の彼女の不正の事実を突き止め、公聴会が開かれることに・・・。絶対絶命の彼女はどうなるのか・・・。このまま、闇の世界に潰されてしまうのか・・・。

 

アメリカはご存じの通りの銃社会。毎年のように乱射事件など痛ましい事件が起きているにも関わらず、銃規制は一向に進みません。(実際には本当に少しづつですが進んでいるような感じは自分は受けていますが・・・。)日本人には判りにくいと思いますが、歴史的や国土的な背景もあり、自衛ということに対する考え方が日本とアメリカでは全く異なります。アメリカは自身の身は自身で守る、というどちらかというとマッチョな考えの人が圧倒的に多く、それは相手が武器を持っているのに、自身が武器を持てないのはおかしいという考えにおそらく根差しています。既に世の中に銃は溢れているのだから、規制は無理、自身の身を守るのに国なんかに頼っていては馬鹿を見るといった考えなのだと思います。ちなみに、事実、全米ライフル協会は米国ではかなり力を持っている団体で、(資金的にも、協会員の数から言っても)政治に対して大きな影響力があります。協会でのスローガンはwikiによるとGuns don't kill people, people kill people.となっていましたが、過去、銃を擁護する為に、その手の発言は確かにあったものの、少なくとも、今はそんなことはスローガンには大々的には掲げていません。(よく強硬派と見做されるようですが、実際には、そこまでゴリ押しな馬鹿な組織ではなく、世の中の流れに柔軟に対応しているしたたかな組織のようです。)

そんなアメリカを背景にした本作。とにかく凄いです。(正直、少しだけ、えー???という場面がありますが、ジェシカ・チャステイン女史の凄まじいまでの演技が、そんな些末な部分を軽く打ち消してしまっているので、そこまで気になりません・・・。)間違いなく最近見た作品の中ではピカ一でした。

ちょっとシリアスな作品がご覧になりたい方は是非、是非鑑賞をお勧めいたします!見なきゃ、損!!(笑)

Netflixでもマイケル・ベイ節炸裂!画面から飛び出してくるようなアクションの連続攻撃にあなたは息ができなくなる!!(6アンダーグラウンド)

f:id:Frikandel:20191223004812j:plain

https://www.netflix.com/jp/title/81001887

テレビCMを見て、「お?これ新作?メチャ面白そう、しかもマイケル・ベイじゃん!いつ公開?」と思ったらNetflix配信の映画とのこと。凄い時代になりました。製作費150m㌦つまり165億円!もう普通の大作映画並みで、昨今のネット配信がいかに凄いかがこれだけでも判ります・・・。

www.youtube.com

ちなみに昨今の映画製作費は・・・というと以下にありますが、ドンドン膨らむばかりのようです・・・。真ん中位にあるMost expensive films (adjusted for inflation)が年々のインフレ調整したもののようですが、凄いですね・・・まさにハイリスク・ハイリターン。

en.wikipedia.org

ということで、自分は本作が見たくてNetflixに入ってしまいました。「お試し」あるのかな?と随分調べたのですが、残念ながら今はやっていないようでした。でも、いつでも辞められるようなので、年末年始を挟んで見まくれるし、調度いいや、と思い、「えい、やー!」で入会してしまいました。こうして、Netflixの策にまんまとはまったのでした。(笑) 

が!!!結論から言うと、全然損した感はありませんでした。それ位この作品凄いです!これでもか!これでもか!のマイケル・ベイ節炸裂です。冒頭からてんこ盛り。車、銃、ナイフ、爆弾、格闘技、火薬も半端ない量で、いたるところでドーン、ガーンの連続爆発、それに加えパルクール!ちょっと一休みとか一切ありません。(但し、少々キモいというかひく位に人がバンバン亡くなりますので、そういうのが嫌な方はちょっと厳しい作品かも・・・)

自分はあまり好きではないですが、主人公のライアン・レイノルズもライアン節(ナレーションをやっちゃうところとか、ふざけてるのか、真面目なのか、今一判らない感じ??)も炸裂しています。彼はもっと真面目にやれば、(ブレイド3のハンニバル・キング?とか黄金のアデーレ/名画の帰還のランディとか・・・)今以上にスーパーな俳優になると思うのですが、まぁ、同じような分野の人は掃いて捨てる程いるので、敢えて彼なりの色を出すようにしているのかもしれませんね。

ブレイド3(字幕版)黄金のアデーレ 名画の帰還(字幕版)  

主人公の1(ライアン・レイノルズ)は小型磁石の発明で財を成した正体不明の億万長者。その財力を生かして、信用ならない国など頼りにせず、私設のチームで勝手に悪党を処刑し、ほんの少し世直しの手伝いをしています。チームの面々は全員死んだことになっており、戸籍等もなく、既に世の中からその存在が抹消されています。また、お互いの関係に深入りしないように、名前では呼ばず全員番号で呼び合います。2はCIA捜査官、3はプロの殺し屋、4はパルクール使い、5は女医、6は天才ドライバー、7は元軍のスナイパー。

今回の標的は、架空の国トゥルギスタンの独裁者。軍や警察を掌握しており、アリ一匹通さない様な警備を敷いている彼相手にどうやって1のチームは挑むのか?ド肝を抜く展開に期待して下さい!

あ、ちなみに本作、音楽もノリノリで最高です!

こりゃ、バッド・ボーイズ3に期待しちゃなー、と思っていたら、なんとマイケル・ベイは今回監督降りていました・・・まぁ製作はジェリー・ブラッカイマーなので大丈夫と信じますが・・・。

www.youtube.com

 

宇宙を巻き込んでの家族喧嘩が半世紀を掛けてやっと終わった・・・(スター・ウォーズ/エピソ-ド9/スカイウォーカーの夜明け)

f:id:Frikandel:20191222153201j:plain

https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

遂に終わった・・・。42年掛けて・・・。ほぼ半世紀である。小学校低学年で初作を見たとしても、もうその人は50歳を超えている計算になる。構想者であり監督である、ジョージ・ルーカスも75歳。まさにスターウォーズはこの人のライフワークであり、彼はスターウォーズで歴史に名を残すことになったといっても過言ではない。それぐらいの作品である。 

映画館も激混み。最後エンドロールでも殆ど席を立つ人がいなかったことから、見ている人達の熱い想いを感じた。

原題はThe Rise of SKYWALKER。邦題はスカイウォーカーの夜明け。まぁ、悪くないけど、そこまでピンとは来ない感じ?スカイウォーカーの復古とか帰還、再誕、意思を継ぐ者なんていう言い方でもよかったかも・・・最も「帰還」は3作目であるエピソード6でジェダイの帰還で使っちゃってるから、無理か・・・。

で、感想はどうだったかというと、そりゃ、面白かった。もう最初の黄色で書いてあるスターウォーズのロゴが画面に映し出され、音楽がなったとたん、一瞬でスクリーンの向こうに飛んだし、内容も、もう涙ちょちょきれで、思わず目頭が熱くなったこと度々、最後は拍手したい気持ちを抑えるのが辛かった・・・。でもシリーズで一番の傑作だったのか?と聞かれると、正直「うーん・・・」。ネタバレになるので、詳細は記載しないけど、結構「えー?!」っていうシーンはあったし、最終作という背景と、過去シリーズの蓄積、それとなんと言ってもこれが一番大きいと思うんだけど、ジョン・ウィリアムズの音楽に相当助けられている感じがした。もうあのテーマが背景でかかるだけで、ファンは熱くなっちゃうので・・・。

この最後の3部作の主人公をレイ、フィンとポー&カイロ・レンの3名だとすると、従来の、レイア、ルーク、ハン・ソロダースベーダーと結局同じような気もするし、(ミラー?)こんなことを言うと怒られると思うけど、壮大な宇宙を巻き込んでの家族喧嘩を世代を引き継いでやってて、結局はほぼ同じ内容じゃない?という気がしてしまったのも、否めない事実。(中世の時代も王族が親子や兄弟で戦争やって、国を取ったり、取られたりしていたので、それと同じと考えれば合点が行く。なんといってもスペースオペラだし・・・笑)そういった意味では、まぁアベンジャーズのエンドオブゲームとかロッキーと一緒でこれも一種同窓会的な、でもファンにとっては、なくてはならない、区切りとして必要な一作だった気がします。 

frikandel.hatenablog.com

frikandel.hatenablog.com

前作で最高指導者を殺害し、自らがファーストオーダーの最高指導者になった、カイロ・レン。しかし最高指導者を更に操っていた人物がいることが・・・。そして、カイロ・レンとレイの出会いが導かれた理由、またレイの両親とは一体誰なのか?が遂に明らかとなる。カイロ・レンとレイの運命とは?
そして、果たして孤立無援のオーガナ将軍(レイア姫)率いるレジスタンスはファーストオーダーに打ち勝つことができるのか?

(おまけ)

こんなのあったんですね・・・もっともルーカスフィルムから即行でクレームが来て回収されたらしいです。だから知らなかったのかなぁ?しかも歌っているのは、あの「およげたいやき君」の子門真人氏!凄い(笑)

www.youtube.com