徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

遅ればせながら、アクアマン!海中映像も主人公も美しい(笑)・・・・(アクアマン)

アクアマン(字幕版)

アクアマン(字幕版)

遅ればせながら、アクアマン!

あー、これは絶対劇場で見るべき作品の一本でしたね・・・。小さなスクリーンだと映像の美しさが半減です・・・。「行くべ、行くべ。」と思っているうちに、あっという間に地方興行に・・・。反省。

彼はジャスティスリーグでは、そこまで主要キャラではありませんでしたが、この映画で一気にスター街道まっしぐらですね。まさにマーベルのブラックパンサーと同じ位置付け。ここまで背景が似ているのも珍しいかと・・・(笑) 

アクアマン演じるジェイソン・モモアの存在感が凄いです。まだまだ売り出し中なので、今後ブレイクしそうな俳優さんですね。『コナン・ザ・バーバリアン』(2011)で主人公のコナンを演じていたそうですが、話題にもならなかったですし、自分も全く印象に残っていないので、当時は今のようなオーラは出ていなかったのかもしれません。

f:id:Frikandel:20190616234921j:plain ⇒オーラ出ていない(笑)

コナン・ザ・バーバリアン (字幕版)

 

しかし本作は大作だけあって、著名な俳優がかなり脇を固めています。ウィリアム・デフォー、ニコール・キッドマン。そしてなんとドルフ・ラングレン!実は自分は鑑賞中は、彼演じるネテウス王がドルフ様ということが全く判りませんでした。クリード、本作と大作に続けて出演ということで、遂に復活、2度目のブレイクするでしょうか?

f:id:Frikandel:20190616235104j:plain ⇒やっぱ判らない(笑)

 

デフォー様はスパイダーマンのグリーン・ゴブリンと今回のバルコ役と、マーベル、DCと遂に跨っての出演ですね。(笑)

そして、キッドマン様。もう顔が若すぎて怖い。(ボトックスでしわ取ってる?)この人の顔はただでさえ怖顔なので、自分の意識はそっちの方ばかりに行ってしまいました。(笑) 

海底にすむアトランティス人は自然破壊ばかりをする地上人に戦争を仕掛け、陸海を統治することを狙っている。しかし、そういった不要な戦争を望まない良心的なアテランティス人も存在し、アトランティス人の王女と灯台守の地上人の間の「おとしだね(正確には逆ですね、この場合は王女と灯台守だから・・・)」であるアクアマンに王位を継承させ、戦争を止めさせるように仕組もうとする。自分は王になる器ではないと、最初は拒絶していたアクアマンも、否が応にも、その内乱に巻き込まれ、遂に決心。しかしながら、純血ではないという理由のみで弟に目の敵にされ、挑んだ王位継承の勝負に敗れてしまう。緊迫する地上とアトランティス。この危機にアクアマンはどう対処するのか・・・。

内容はただそれだけなのですが、冒険あり、アクションあり、ロマンスありで、しかも、今まで見たことの無い様な海の中の映像で2時間20分強飽きることがありません。次作が楽しみです・・・。

興行成績がワンダーウーマンを抜いてDC映画史上NO1となってしまったのには、実は自分はちょっとガックリ・・・。やはり自分の今の一押しは彼女なので・・・(笑) 

frikandel.hatenablog.com

 

 

吹き替え版も捨てがたい!比較しても遜色ない異例の出来栄え!猿も大活躍(笑)・・・(アラジン)

f:id:Frikandel:20190616224225j:plain

今日はアラジンを鑑賞して来ました!

結論から言うと、かなりアニメに忠実な実写版でした。自分は例の如く不満ながら吹き替え版で見たので、「面白さ半減かなぁ?」なんて思っていましたが、意外な事に全く違和感はありませんでした。山寺宏一氏のジニーもよかったし、(まぁオリジナルのアニメ版も担当していたので違和感ないのは当たり前なのですが・・・)ジャスミン役の木下晴香嬢(自分はこの方は知りませんでしたが・・・)の歌が素晴らしかった!(特にスピーチレスという曲!)


JAPANESE - Speechless (Full) w/S&T スピーチレス~心の声/木下晴香【フルMV歌詞付き】Aladdin/アラジン (2019)

内容は皆さんご存知だと思うので多くは語りませんが、アラジンという真っ直ぐな気立てのいいコソ泥とジャスミンと言うやはり真っ直ぐで国民の事を常に考えているちょっと強気なお姫様の恋物語です。そこに王国を乗っ取ろうとする悪い魔法使いとランプの魔人が絡んで、くんずほぐれずの大立ち回り。最後はスカッと見ている観客は皆、満足で終われるファミリー向けの作品です。 

公開前は魔人のジニーがそのまま青色のウィル・スミスでキモいなんて、相当イジられていましたが、彼自身のユーモアたっぷりのキャラに凄くハマっていて、公開後はそういう話は全く無くなっちゃいましたね。凄く楽しそうに演じていましたし・・・。(実は自分は一回だけ生ウイル・スミス氏に会ったことがあるのですが、それはそれはよい方でした!!!。)

https://www.youtube.com/watch?v=sJepiyvx-0s

⇒例のコーデン様のアホな番組にウィル様ジニー役で出ています(笑)

全然話は変わりますが、最近の猿の活躍は凄いですね(笑)。結構重要なキャラやっています。皆オマキ猿の一種のようですが、

【ナイトミュージアムのデクスター役のノドジロオマキザル】 

f:id:Frikandel:20190616223045j:plain

パイレーツオブカリビアンのジャック役のシロガオオマキザル】

f:id:Frikandel:20190616223117j:plain

ただし、本作のアブーは完全CGだそうです!

f:id:Frikandel:20190616223548j:plain

アラジン (字幕版)

アラジン (字幕版)

 
アラジン (オリジナル・サウンドトラック / デラックス盤)

アラジン (オリジナル・サウンドトラック / デラックス盤)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ある女子プロレスラーと愛すべき家族の物語!素晴らしい!(Fighting with My Family)

f:id:Frikandel:20190615010209j:plain

ブログは日々更新してこそ・・・とは思いながらも、なんだかとっても忙しくて、更新が滞ってしまいました・・・。(ただの言い訳ですが・・・なにか? 笑)

このまま放置は嫌なので、また頑張ります!(って頑張ります、っていう感じが駄目な気がする。楽しくないとね~!) 

今回、出張先で(主に機内でだけど・・・)たっぷり映画三昧してきたのですが、この映画は最高に面白かった!


FIGHTING WITH MY FAMILY | Final Trailer | MGM

 

WWE DIVASホルダーのペイジ(PAIGE)自身とその家族をモデルにした作品で、なんとあのロック様(ドウェイン・ジョンソン氏)が製作総指揮&本人役で出演しています。 

寝ても覚めてもプロレスしか考えていない一家に育ったペイジ。一家はイギリスのノリッジで両親とペイジと兄でプロレスの家族興行(母親が王座、それをペイジが奪い、母親が奪回なんてことを日常茶飯事やっている 笑)で生計を立てている。ペイジと兄の夢はプロレスの頂点であるアメリカのWWEでチャンピオンになること。当然現業のみでは喰って行けないので、二人は非行に走るしかない近所の子供達や目が不自由な子供にプロレスを教え、地域貢献みたいなこともやっている。こんな言い方は虫唾が走るが、金も学もないけど、家族で力を併せ、愛情たっぷりに、その日その日をしっかり生きている、そんな家族のお話。物語は、ペイジと兄が送り続けている動画が遂にWWEのスカウトの目に留まり、オーデションに呼ばれるところから始まります!さぁ、兄とページそして彼らの家族はどうなって行くのか・・・。

イギリスの映画で(正確には米英合作)非常に地味な感じゆえ、日本で公開されるかどうかも未定のようですが、何かきっかけがあれば(日本でのWWE人気が復活するようなことがあれば)一気にブレイクするかもしれませんね・・・。Rotten Tomatoesでも異常に高評価です。

https://www.rottentomatoes.com/m/fighting_with_my_family

プロレスの事が判らなくても、全く問題なく、誰でも楽しめる最高の1本だと思います!