徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

「読書???」なんて言っている人はこのシリーズから読むといいかも・・・(絶望スクール・池袋ウエストゲートパークXV/石田 衣良)

絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV

石田衣良氏のIWGPシリーズ。11巻から突然復活して遂に15巻目。(クロスオーバビークルとは全く関係ありません。笑)内容はもうルーテーンのようにパターン化しているのですが、サラッと読めるので出ると必ず読んでしまいます。

パターン化しているとはいえ、世相はきちんと反映しているので、そういった意味では、将来、若者のトレンドを探っていく資料としても貴重な文献になっていくのかもしれませんね。 

frikandel.hatenablog.com

本巻は4篇収録で、「動物虐待」、「飲酒?危険?運転」、「引きこもり」、「外国人対象の日本語学校ビジネス」を取り上げています。 

このシリーズが復活してから、主人公のトラブルシュータ―のマコトとキング、タカシの絡みが若干多くなっている気がします。特に本巻は、全部マコトが犯人を釣り上げ、タカシが制圧ってパターン?ちょっと捻りがなくなって来た?と言うか、衣良氏は水戸黄門様のように、そういう極めてシンプルなパターンを作ろうとしている気もしました・・・。もしくは巷でも暴力沙汰が増えてるし、タカシのヘルプは必須、そんな設定にしたかったのかもしれませんね・・・。構想を練るのは大変かもしれませんし、長続きさせるためにはパターン化なのかもしれませんが、ファンとしては、今後は以前のように頭を使ったマコトだけの活躍も期待したい気がします。

登場するおなじみの脇キャラも、今回は必須キャラのマコトのおふくろとファミレスに一日陣取るネット情報屋のゼロワンぐらい?なのでちょっと寂しい気がしました。ヤクザの「サル」は世論上、出しにくいとしても、エリート署長の「礼にぃ」なんかはどうしてるのでしょうかね?

艶っぽい話はIWGPには不要ですが、マコトのステディもそろそろ居てもいいし・・・。「え、その後どうしたかって?あんただって、気のおけない親友とその彼女の、そんな話は聞きたくないよな。だから、そんな野暮な話は聞きっこなしで今回は勘弁してくれ。」ですませばファンも納得するかと(笑) 

併せてIWGPと言えば、忘れてはいけないのがクラッシック音楽。今回は以下の通りの選曲です。(衣良氏は、この流れかどうかは判りませんが、NHKの秀逸な「らららクラシック」という番組もやっていらしゃいましたね・・・。この番組のメインは間違いなく加羽沢美濃さんでしたが・・・。)

◆「目白キャットキラー」子猫のワルツ(ショパン

他のショパンのワルツを聞いている描写あり。


Chopin Bunin

◆「西池袋ドリンクドライバー」たのしめ人生を (ヨハンシュトラウス2世)

バッハのゴールドベルク変奏曲は睡眠誘導曲?として紹介のみ。


**♪J.シュトラウス2世:ワルツ「楽しめ人生を」op.340 / ウィリー・ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

◆「要町ホームベース」シンデレラ(プロコフィエフ


Prokofiev - Cinderella, Op 87 - Rozhdestvensky

◆「絶望スクール」 日本狂詩曲(伊福部昭

アストル・ピアソラの天使のミロンガはストリートミュージシャンが街で弾いているという描写あり。


伊福部昭:日本狂詩曲

ちょっと驚きましたが、初めて邦楽が取り上げられています。ゴジラ音楽で有名な伊福部昭氏ですね・・・。

石田衣良氏は題名で話と音楽をマッチングさせているような気がするので、話の内容と音楽が本当にマリアージュしているかは自分には判りませんが、該当する音楽を聴き込んでから、本作を読むのも、IWGPの一つの楽しみ方だと思います。是非お試しあれ!!

ちなみに過去はこんなコンピレーションアルバムも出していました・・・。何を隠そう買ってしまったのはこの私ですが・・・(笑) 

 

全然華麗でもなんでもないお話・・・(マネー・ショート)

マネー・ショート華麗なる大逆転 (字幕版)

マネー・ショート華麗なる大逆転 (字幕版)

2007~08年の金融危機を描いた作品で、前からいつかは見ようと思っていた1本です。何といっても、出演者が豪華です。クリスチャン・ベイル、スティーブ・カレル、ライアン・ゴスリング、ブラッド・ピット!しかもセレーナ・ゴメスとマーゴット・ロビーカメオ出演のオマケ付き! 

この手の映画、本当にいつも思うのですが、なんなんですかね・・・この邦題?「マネーショート、華麗なる大逆転」って・・・。一般的に「マネーショート」って金が足りない?ってことですよね? で、「華麗なる大逆転」と云うのも全然この映画の内容を反映したものになっていない気がします。この出演者で華麗なる大逆転なんて題名だと、なんだか知らない人はこの華麗な4人組が最後に大勝利する詐欺師の映画かなにか?と思ってしまうのではないでしょうか?(そうやって引っ掛けて、動員を増やすのが狙い?笑)原題はTHE BIG SHORTで金融用語で言うと巨額な空売りと言う意味だと思います。ちなみに反対はLONGでこれは購入とか保有を指すそうです。

クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴスリング、ブラッド・ピット、4者4様の演技を見せてくれますが、ステーブの狂信的な演技とブラッドのもの静かな演技の「動 vs 静」は実に見応えがあります。同じものを見て、同じように感じている二人にも関わらず、ここまで表現方法を変えて演出する監督の手法は見事だと思いました。(特にブラッド・ピットは、普通なら滲み出てしまうスーパースター/ブラッド・ピット色を一切消しているような本当に控えめの演技でビックリしました。)そして、ひたすら耐える天才を演じるクリスチャン・ベールとクールな演技で変な髪型のライアン・ゴスリングが脇を固めます。

クリスチャン・ベール演じるマイケルは医学博士で少々風変わりな投資家。投資のデータを眺めているうちに、超優良と言われている証券の中にサブプライムローンが含まれていることに気付く。サブプライムローンは所謂、低所得者向けの住宅ローンのことでマイケルはこれが数年以内に債務不履行となると予測する。そして「クレジット・デフォルト・スワップCDS)」という損失補填保険のような金融商品投資銀行に売り込む。超優良証券の為、債務不履行になるなど露ほども疑わない投資銀行はマイケルを鼻で笑い、保険料だけで濡れ手に粟とそれを引き受ける。その動きに気付いたライアン・ゴスリング演じる銀行員のジャレド。彼は取引先のヘッジ・ファンドのマーク(スティーブ・カレル)にもこの話を持ち込みCDSの購入を勧める。また、投資の世界に入ったばかりのチャーリーとジェイミーもサブプライムローンのからくりに気付き、投資銀行に話を持ち込むものの全く相手にされず、近所に住む、既に引退している元銀行員のベン(ブラッド・ピッド)に相談に行く。

マイケルの予測通り、住宅バブルは崩壊。資産価値が暴落するも、サブプライムローン絡みの証券はなかなか値段を下げず、保険料ばかりが出て行き、投資家達は金を返せ、訴えてやる、と騒ぎ始める。「投資家を保護するために、金は返さない。」と、一方的に彼らにメールを送り、一切その訴えを無視するマイケル。

が、遂にサブプライムローンを紛れさせていた超優良証券も暴落。一気に莫大な運用益を出すマイケル。そしてその莫大な運用益を彼らに淡々と且つ一方的に送金。その上で、あまりに因果なマネーゲームに嫌気が差しファンドを閉鎖する。

また、チャーリー、ジェイミーも一気に大金持ちに・・・浮かれる二人にベンはこれによって、善良な市民が職を失い、家を失い、年金を失い死ぬことになる、それを考えたことがあるか!と強く諭す。

ジャレドは批判があるのは判っているが、と前置きした上であくまでクールに儲けを受け取り、マークはベンが言っていたように、何も罪のない人が、ほぼ騙されたような形で自己破産、不幸のどん底に転がり落ちて行くことを知っている故に、これを売ったら俺たちも人々を騙した、金融機関の奴らと同等になると最後まで迷う。が、最後は部下から説得され、遂に債権を全部売り払う。

結局、影響が大きすぎて潰せないという理由で、投資銀行公的資金を大量注入され、多くはそれが幹部の巨額な退職金に化け、罪もない一般市民だけが、家を失い、職を失い、年金を失い、貯蓄を失い、ツケを擦り付けられるという悪夢のような結果に・・・勿論、詐欺まがいのことをした格付け機関を含む金融機関の人間は一人も司直の手に委ねられることもなかった・・・。

 名誉ぐらいは失ったかもしれませんが、まさに金を持った者だけが守られ、損をするのはいつも罪のない一般の人々ばかり・・・という作品です。

一部脚色はありますが、これは決してフィクションではありません。実際に2007~08年にこういったことがおき、未だ傷も癒えないのにも関わらず、ウォールストリートはまた同じような事をしようとしているそうです。

今はコロナでそれどころではない筈ですが、こんな時にも大儲けしている人達はいるようで・・・。 

frikandel.hatenablog.com

 

心の平穏が得られました。じたばたしたってしょうがない・・・(そのうちなんとかなるだろう/内田 樹)

そのうちなんとかなるだろう

そのうちなんとかなるだろう

通勤は「百害あって一利なし」かもしれないけど、自分の場合は一利ある。少なくとも読書ができるから・・・。 

この本の著者のことは知らなかったし、今もよくは知らない。コロナ禍でソフトロックダウンが始まる前に、自身の「読みたい本リスト」に入れたみたいなんだけど、今となってはなんでこの本を読みたかったかさっぱり思い出せない。当時、仕事でいろいろとあって、気分が落ち込んでいて「そのうちなんとかなるだろう」という題名に惹かれたのかなぁ・・・? 

そんな思いで読み始めた本ではあったけれど、久しぶりに目からウロコが落ちる、とてもよい本だった。 

著者は自身をまず武道家と名乗っているが、東京大学を卒業した歴としたフランス文学者である。本書は ”真面目でいろいろと想いが強い為に、常に一見回り道と思われる道を進みながらも、人生なんとなく乗り切って来たよ” という筆者の自伝なのだが、乗り切り方が非常に魅力的で、本書を読む殆どの人は氏の生き方への憧れと、「そうか、人生はそういう風に考えればいいのか。」・・・という指南が得られるのではないだろうか、と思う。 

1章は主に学生時代の話で、途中で自主退学してしまったにもかかわらず、筆者のバックボーンとなった日比谷高校、そして大検から東京大学に入学し卒業するまでの話。2章は社会人、家族、合気道の話、3章はそれらを踏まえての筆者の想いのようなものが語られる。それに高校時代の友人のエッセイが3篇。

著者の長く密度の濃い人生を、こんな風に短い時間で扱ってはイケないとは思うけれど、あっと言う間に流れるように全編読んでしまいました。ただし、目から鱗で、唸った箇所がかなりあり、その中でも「武運」の話と「後悔は2種類ある」という語り部分だけは、自分にとってあまりにも衝撃が大きかったので何度も読み返してしまいました。 

「いるべきときに、いるべきところにいて、なすべきことをなす」というのが武道の教えであり、それは自身で能動的に探し出すことではなく、流れに任せて、縁を辿り、気が付いたら「いるべきときに、いるべきところ」にいて、適切な機会に調度「なすべきことを」している、ということで、常に事後に「あ!」と気付くものなんだそうです。そういうことが人生の節目節目で連続して起こる、それが「武運」というものであり、それに恵まれるために武道家は修行というものを積むとのこと。筆者は、ここでは武道ということに限定して、説明をしていますが、何もこれは武道に限ったことではないですよね。人生全てにおいて、何か一つに打ち込んでいる人全般に言えることなのでは?と思い至った時、自分は何故か鳥肌立ってしまいました。(汗)

また、後悔には「何かをしてしまった後悔」と「何かをしなかった後悔」の2種類あり、前半の後悔は、これはもうやってしまったので、自身で責任を取って、反省、将来への成長に繋げるしかないもの。後半の後悔は、本人は「あの時、ああしておけばよかった、あの時、ああしていた自分が本当の自分だ」と、心のどこかで思っていて、「今の自分は本当の自分ではない」と自ら実体をなくしてしまっているもの。したがって後半の後悔は、実体がない人間に反省などできず、成長もないということになり、考え、悩んでもしょうがないものということになるのだそうです。 

本書にはそんな、人生の真理?がちりばめられています。 

自分も、既に人生の半ばはおそらく過ぎてしまったけど、今からでもこんな人生が送れたらいいなぁ、と改めて想える一冊でした。なんとなくやりたいことが判らず、悩んでいる人にとっても、心の平穏が得られる薬のような本と言ってもいいかもしれませんね。

自分もすぐに腐らず、何事も一生懸命、どんなことがあっても、ドンと「そのうちなんとかなるだろう」と構えて今後生きていきたいと思います。 

この本を読んだ後で、氏の「内田樹の研究室」というHPに掲載した「コロナ後の世界」のインタヴューが炎上しているという記事をネットで読みました。自身は有識者の一つの意見として興味深く読みましたが、ちょっと将来を案じて暗くなってしまいました・・・。是非皆さんも一読して、いろいろと考えてみて下さい。

blog.tatsuru.com