徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

誰も言ってないけど、魔夜 峰央と万城目 学って作風、似てなくね?笑・・・(翔んで埼玉)

翔んで埼玉

翔んで埼玉

自分的に「こんな映画見ることは絶対ねェ!」と思っていたが、何故か見てしまった。(笑)

下らない、本当に下らない・・・。でも意外なことに、「あー、時間が勿体なかった~。」等の後悔はあまり無かった・・・。ってことは結構楽しんだ?「はい、思っていたよりも悪くありませんでした!」(でも映画館には見に行かないレベルかな?笑) 

視聴直後の感想としては、なんだか『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』で著名な万城目学氏に通じるものがあるなぁ、と思ったこと。

で、本作の原作者である、魔夜 峰央氏と万城目 学氏の関係をネットでいろいろと調べて見たけど、特に目ぼしいものはなかったから、あんまり関係はなさそう・・・。あくまで自分の個人的感覚ってことなんだろうなぁ。でも、漫画と小説という違いはあるけど、根底に流れているものはなんだか似ている気がしてしょうがない。(しつこい!笑)

娘の結納に出かける、埼玉県に住む家族が、出掛けの車内で聞いた都市伝説のラジオ番組をフォローする形で物語は始まります。

東京が絶対的に一番、地方はクズ。東京に行くには通行手形が必要。背景はそんな架空世界の関東。

階層、差別社会の権化である、とある名門校に容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な、アメリカ帰りのスーパー転校生(GACKT演じる麻実麗)が転入してくる。人望もあり、全てを兼ね備えている為、最初は敵視していた東京都知事の息子で生徒会長(二階堂ふみ演じる白鵬堂百美/男性役)もやがて心を許し、遂には恋心を抱くまでになる。(おもいっきりボーイズラブ!)

麗と百美が出かけた遊園地にたまたま居た麗の家政婦が埼玉県人ということで捕まり、それをかばった麗も埼玉県人と言うことがばれてしまう。麗は、埼玉から東京に移動する際の通行手形を撤廃し開放する為に将来、都知事にすべく送り込まれた埼玉の大地主の息子だった。埼玉県民の開放の為に立ち上がる麗。埼玉に先を越されてはならないと、東京にひたすらゴマをすり、足を引っ張る千葉。事態は極度に悪化し、埼玉vs千葉の全面戦争に突入することに・・・。さぁ、どうなる埼玉解放戦線!! 

と、書いてるだけでも、あほらし~。でもそこまで嫌いじゃない(笑)

時間を持て余している暇な方は是非ご覧あれ! 

↓漫画は読んでないけど、面白いのでしょうか???誰か教えてください。 

 

 

超魔術は実は話術だった!!・・・・・(超魔術の裏技術/Mr.マリック)

超魔術の裏技術 - 誰の心でも誘導できる -

超魔術の裏技術 - 誰の心でも誘導できる -

題名は「超魔術の裏技術」なので、手品のネタ本のように思われる方もいるかもしれないが、話術の本である。著者のマリック氏は「来てます、来てます。」「ハンドパワーです。」「超魔術。」で一世を風靡した方であり、氏によると、手品で本当に重要なのは、技術は勿論ある程度は必要だが、見ているお客さんを誘導する話術だそうである。若くて技術のあるマジシャンは沢山いるが、経験に裏付けられた氏の話術に敵う者はいないので、未だに一線で活躍できていると自身を分析している。

本著の内容は至ってシンプル。しかも非常に平易な文章で書いてあり、とても分かりやすい。①1対1から始まり、②交渉、営業、ミーティング、③会議、面接、プレゼン、④大型プレゼン、スピーチ、講演、ショーでのコミュニケーション方法が、順を追って規模に合わせて説明されている。本当に簡単な言葉で書いてあるので、あっという間に読み流してしまいそうだが、実はかなり重要なことがちりばめられており、噛みしめて読むと、相当な時間を要する気がする。相手のどこを見て話せばいいのか?とか、話す内容の組み立て、間、動作、はたまた、無敵の記憶術までカバー範囲も広い。当たり前のことばかり書いてあるのだが、実際には全くと言っていい程、実践できていないし、いざ実践しようとすると、実は必要以上に意識して実施しなければ、できないということに読者は愕然とするだろう。 

人間は選びたい動物なのだから、フォーシングという手法を使うべし、とか古代ローマ式記憶術は、言われてみれば、そりゃそうなんだけど・・・改めて言われて、自身は何度も目から鱗が落ちる気がした。 

ただし、何度も言っているが、こういった本は一度読んだだけでは駄目で、繰り返し読んで、自分の血肉にしなければ(自身を洗脳しなければ…。)意味がない本かと・・・。勿論自分にも激しく言い聞かせてはいるが、できていない・・・泣。 

プレゼンなどで悩んでいる方にはTIPが詰まったお勧めの一冊です。(勿論、まずは練習することは大前提!・・・笑)

本当に世の中どうなっちゃうのかな・・・(復活の日)

復活の日

復活の日

「極力、在宅勤務」とのことなので、通勤時間が浮く分、映画を見る時間が捻出できるのはいいんだけど、どうも世の中がこんな風潮だと、今一、書くモチベーションも上がらない。

結果、日々膝を抱えて将来の不安と戦うことになる。(しかも今は何故か時差通勤下の通常勤務に戻っているし・・・。)

ネットフリックス、Amazonプライムとぼーっとザッピング。なんだか感染系の映画が増えている気がする。気のせいか?

で、「復活の日」(英題は直球で「VIRUS」)

こんな時期に、そんな映画を見るのは不謹慎かな?とは思ったけど、対症療法の一環にはなるかも?・・・と考え視聴。

定かではないけど、なんだか、小さい時にこの映画の宣伝をかなり見た記憶がある。オリビア・ハッセー氏をオリビア八世なんて揶揄していた気もするし、確か歌手の布施明氏の奥さんだったんじゃ?なんて古い記憶も手伝い、それなりに興味が湧く。

で、どうだったかと言うと・・・。 

「すげー!!」小松左京氏、相変わらず偉大だ・・・。原作は1964年に上梓されているから、なんと今から56年前。(映画は1980年に公開)アイディアも内容も全く古さを感じさせない内容だった。(中でも今で言う、ドローンが出て来たのには、本当にびっくりした・・・。) 

1980年にこのレベルの映画を撮るのは相当大変だったのではないだろうか?本作は”角川製作”、”配給は東宝”の紛れもない邦画ではあるけれど、全編、殆ど英語だし、日本人俳優は勿論の事、外国人俳優も相当なクラスの人が出演している。間違いなく、今の日本映画とは比べ物にならないレベルで製作されている気がした。(鬼才、角川春樹の一番脂の乗った時期で怖いものなしの時代だったのかな?)

映画がこのレベルなんだから、原作は、もっとスケールが大きいだろうことは容易に想像できるので、早速図書館にも予約を入れました・・・(笑)。

1982年、東ドイツの細菌研究所から人工的に作られた猛毒ウイルス「MM-88」が秘密裏に盗まれ、搬送中に冬山で事故に合い容器が破損。春になり温度の上昇と共に増殖を始め、世界中に蔓延。事情を知らない世間は、インフルエンザの亜種、イタリア風邪として対応するも、当然なんの効果もなく、間もなく地球上から殆どの人類と脊椎動物が絶滅。常に温度が氷点下の南極大陸にいた各国の観測隊員と海中を航行していた原子力潜水艦の乗組員のみが生き残る。残ったメンバーは南極政府を樹立。比率が少ない女性は種の存続の為、貴重な資源として性交渉まで管理されることとなる。

それなりに秩序を保ち一旦落ち着く南極政府。しかし、日本の地震学者がワシントンD.Cに巨大地震が起こることを予測。旧米国政府は、冷戦時代に、ソ連に攻撃された際は、自動で発動させるAutomatic Reaction System(ARS)という防衛システムを構築しており、その地震を、ソ連からの攻撃と捉え、自動的に報復措置として核ミサイルを発射する可能性があることが判る。南極は地理的にも無関係な筈であったが、旧ソ連も対抗して全く同じようなシステムを作っており、やはりそれが発動した場合、米国の秘密基地が南極にあると当時のソ連首脳陣が信じていた為、南極もその攻撃対象地に入っていることが併せて元ソ連の隊員から語られる。地震前になんとしても、ARSをとめるべく、アメリカ人のカーター少佐と日本の地震学者の吉住が志願、ワシントンに向かう。残った人類を二人は救うことができるのか・・・。 

 あ、蛇足ですが、「マイアミ・バイス」のキャステロ警部を演じたエドワード・ジェームズ・オルモス氏が南極観測隊員のチリ代表として出演していたのには驚きました!マイアミ・バイス大好きだったんだよね~。 

マイアミ・バイス シーズン 1 バリューパック [DVD]
 

ちなみにこの手のお話では、アウトブレイクが自分は一番好きです。ダスティン・ホフマン演じる軍医とその元妻でやはり医者役のレネ・ルッソが人類を救うべく大奮闘するお話です。

本当に医師の仕事というのには、頭が下がります。今も身を挺してコロナウイルスと戦っているお医者さんの皆さんの無事を祈らずにはおれません。

アウトブレイク (字幕版)

アウトブレイク (字幕版)