徹夜本と映画で現実逃避!

現実逃避して、しばし嫌な事忘れましょ!

スパイもの

とってーも、意外な1冊 ・・・・(命売ります/三島 由紀夫)

三島由紀夫氏の作品は過去、随分読んだつもりでしたが、この作品の存在は知りませんでした。本作は、氏の生誕90年である2015年に、何故か突然売れ始め重版。なんと丸善や紀伊国屋で文庫週間ランキング1位になってしまったそうです。所謂「文豪の自分だけの“…

奇想天外。1958年の作品とは思えない斬新さでした。まさにエンタメ界のバイブル。(甲賀忍法帖/山田 風太郎)

これはなんと1958年の作品です。もうエンタメのバイブルと言ってもいい本です。ずっと読みたいと思っていましたが、今まで未読でした。 もう、本当にありとあらゆる(びっくりするような!)忍者が出てきます。 「忍者の術は、相手の意表を突いた場合に、一…

見た~!!!良かった~!!!強い!!!サノス倒せるかも!!? (キャプテン・マーベル)

見た~!良かった~!キャプテン・マーベル! 見る前までは、なんとなくブリー・ラーソンがこの主人公を演じるのが疑問で、何故彼女?こんなんじゃ、DCのワンダー・ウーマンに勝てないぞ~、と密かに不満に思っていたのですが、実際に作品を見て、それは全く…

読了後、なんで、こんな最高のエンタメ書く小説家を今まで全く知らなかったのかなぁ、他に作品も聞いたことないし・・・。なんて思っていたのですが・・・(虐殺器官/伊藤 計劃)

ネットで「これは紛れもない徹夜本!」という記述を見て、早速購入。 著者の名前は初見。そもそも、名前が読めない・・・。(笑)振り仮名も無いし、なんなんだ?と思いきや、下にPROJECT ITOHと小さく書いてある。PROJECT? え、これで計画って読むの?と思…

二人の美しいスパイの物語・・・(マリアンヌ)

本当に良くできた話で、綺麗にまとまっています。流石ゼメキス監督です。 ブラピ&マリオン・コティヤール主演です。(マリオンは「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」という映画で一世を風靡しましたが、自分は、リュック・ベンソンのTAXIでの主人公の恋人役…

ハリウッドを超える韓国映画・・・(ベルリンファイル)

韓国映画は時として、「こりゃ、ハリウッドと同等かそれ以上だなぁ…。」と思わせる作品がありますが、これこそアクション、内容共にハリウッド級です・・・。 日本には残念ながら「ハ・ジョンウ」みたいな将来のワールド型スターって今見当たりませんよね・…

福井 晴敏氏は今何処に?(亡国のイージス&終戦のローレライ/福井 晴敏)

最近、著者の消息をとんと聞きませんが、何をなさっているのでしょうか・・・? やはり、あれだけの大長編力作を2作も書き上げてしまったから力尽きて暫くお休みなさっているのでしょうか?でもちょっと長いですよね・・・・。 その大長編力作とは上記「亡…

ベニチオ・デル・トロの存在感が半端ないです・・・。(ボーダーライン・ソルジャーズ・デイ)

border-line.jp アメリカとメキシコの国境を舞台に麻薬カルテルと戦う政府のAGENTとそれに協力している殺し屋のお話。前作ボーダーラインの続編です。異なる話とはいえ、正直、作品の中に通る一本の芯は前作と同様なので、やっぱりそこに救いはないのですが…

なんですか、この作品は?ファンタジー外交絵巻なんてジャンル今までありましたでしょうか??? (図書館の魔女/高田 大介)

読書家の先輩に教えて頂いたこの本を年末から年始に掛けて読んでいました。(長い!全4巻/2,000頁近いです!) 題名に魔女という単語が含まれていることや、巻頭にまず地図と登場人物一覧が記載されていることから、今流行の魔法ファンタジー?と思いきや全…

なんもやることがなく、退屈してたら、是非見てください。別に損はしません。(キングスマン2/ゴールデン・サークル)

典型的なおふざけ系エンタメ映画。 自分的にはそこまで好きな作風ではありませんが、今作の方が1作目よりは面白いと思いました。 前作も結構ハチャメチャ気味な映画でしたが、今回もそれは同様です。しかし出演者が凄い!コリン・ファースでしょ、ジュリアン…

マコト、キング未だ健在です・・・・。(裏切りのホワイトカード/石田 衣良)

このシリーズなんで復活させたのですかね? 結構良い終わり方だったんですが、最近大ヒットがないから、編集者に復活させろっ!て言われたりしたんでしょうか???(笑) 石田衣良氏ならではのストーリーで、(と言うよりIWGPならではと言うべきか?)なん…

トム様頑張っています!(ミッション・インポシブル/フォールアウト)

これも初作は1996年、22年も前なんですね・・・。 しかもブライアン・デ・パルマが監督!?(すっかり忘れていました。この方はまぁ、巨匠の一人と言ってもいいと思いますが、正直あまりアクション映画のイメージではないです・・・。どちらかというとサスペ…

紛れもない名著。相変わらず学ばない国、日本・・・。(大本営参謀の情報戦記/堀 栄三)

非常に意義深い一冊でした・・・。名著ですね。 それしにしても、日本は、なーんも過去の反省点を生かしていませんね。相変わらず、根性、根性な部分ありますし・・・。 日本人の気質?というか美徳感というのは一種特殊で、物質主義の中では存在しえない感…

ジェニファー、果たして脱ぐ必要あったの??? (レッド・スパロー)

お話しは結構良くできています。 最後は「おーそういう事だったのかぁ~!」っていうひねりもあり、それなりに面白かったのですが、なんかこれエロ仕立てにする意味あったのでしょうか?(ハンガーゲームでは結構保守的に彼女を扱っていた監督が我慢できなく…

スパイもの、国際政治小説と言えば・・・・(イコン/フレデリック・フォーサイス)

フォーサイスと言えば「ジャッカルの日」が超有名です。映画も、小説も抜群に面白い作品です。 ジャッカルの日 (角川文庫) フレデリック・フォーサイス 角川書店 1979-06-10 売り上げランキング : 13505 Amazon Kindle 楽天ブックス by ヨメレバ 彼はジャー…